<社団法人日本空手協会>

社団法人 日本空手協会
 社団法人 日本空手協会は、昭和33年4月10日文部省認可(委社第180号)
認可による空手道公益法人として、国内はもとより、世界各国で空手道の普及と
指導に当たっておりますが、日本が生んだかけがえのない武道文化を、正しい姿で
継承発展させることこそが責務であると考えております。このような目的を達成するため、
当法人では主に以下のような事業を行っております。
1.指導
 社団法人 日本空手協会は、昭和23年5月結成以来、今日まで一貫して空手道の
指導普及に当たっておりますが、当初より独自の教育課程を終了した専門指導員を養成し、
空手道指導及び技術に対する揺るぎない基盤を確立しております。
また、厳しい日頃の鍛錬の中から自らの人格完成を図っていこうとする教育理念は、
国内外で高い評価と信頼を得ており、既に、学校の正課に採用されるなど、
青少年教育にも力強い実績を築いております。
総本部道場には20余名の専門指導員が常務しており、
国内はもとより、世界各地からの修行者の指導に当たるとともに、
世界各地からの派遣要請などに応えており、我日本空手協会は世界最大の組織であり、
最高の技術指導と最強の選手を育成しております。
2.全国大会
 社団法人 日本空手協会は、活動の一貫として、毎年全国大会を開催しております。
 昭和32年10月東京体育館に於いて、第1回全国空手道選手権大会を開催し、
初めて空手道の試合化に踏み切り、以後空手道が爆発的な早さで世界中に普及し、
第5回大会には。今上陛下(当時皇太子殿下)のご臨席を賜るなど、
規模、内容ともにもっとも歴史のある代表的な空手道大会として、今日に至っております。
3.小学生、中学生、高校生全国大会
 近年、空手道の青少年への急速な普及に伴い、第26回全国大会からは、
小・中・高校生大会が別途独立して盛大に行われるようになり、
一般の大会同様に各都道府県の大会の上位の選手たちが全国より集い、
平成17年には、7月30日、31日伊勢市、サン・アリーナにて
個人戦、団体戦のべ6057名の全国の予選を勝ち抜いた小学生・ 中学生代表選手で開催されました。
4.世界大会
 空手道の原点は、松濤 船越義珍先生であります。 先生こそは、唐手術の名称を
勇断と信念を持って「空手道」と改称された、文字どおり空手道の開祖であります。
世界大会は、偉大な船越先生の教えに基づき、全世界に空手道の正しい普及を推進し、
世界平和に貢献するための大会であります。
世界中の115カ国が社団法人 日本空手協会に加盟しており、
3年毎に世界各地で開催されております。この大会は世界最大であり、
世界最高の技術の選手達が各国から集い、日本国内からも、各県より選抜された
選手の中から最強の選手を選び抜いて、日本国の代表選手として参加し活躍しており
ます。国の違い、言葉の不通等を超え、全世界から駆けつけてきた各国の役員、選手達は何れも、
松濤船越先生の教えを受け継いできた代表者達であります。
平成16年には9月22日、23日第9回松涛杯世界空手道選手権大会が
日本武道の殿堂、日本武道館にて開催され、各国代表選手達により、
伝統武道空手道世界一の名誉をかけ熱戦が繰り広げられました。

  Close