<空手とは> 
 空手の本質は技を極めることであり、技を極める鍛錬をとおして、自己制御能力を高めるのが空手道である。組手の試合においては、日頃の鍛錬によって養われた強い意志力によって相手の急所寸前に目標を設定し、間合いに応じた適切な技により、最短時間に最大限の衝撃力を集中することによって勝つことを競うものである。
 また、形の試合においては、「極(きめ)」の表現を競うものである。本来、形の挙動には、それぞれ相手を想定した意味があり、その使い方には定められた緩急、強弱、伸縮の変化があるが、いかなる挙動も「極(きめ)」の基本原理に適っていなければならない。「極(きめ)」をつくるための「型」に、自分の「血」をかよわせたものが自分の「形」である。 
           :現日本空手協会総本部 杉浦初久二主席師範
Close