佐伯師範の徒然日記
Number  1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 -15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22
6

 禅の修業では、姿勢を正して(調身)、呼吸を整えれば(調息)、心が整う(調心)と言われています。この世界では、起きて半畳・寝て一畳、これが修業僧に与えられた場(道場)になります。たまには静かに座り、自分を整え、じっくり自分自身を見つめ直すことは有意義なことです。
 仏教の世界での教えの中に、

 諸行無常(しょじょうむじょう)
  :あらゆるものが動いている、

 無常迅速(むじょうじんそく)
  :その動きがはやい、

 諸悪莫作 (しょあくまくさ)
 :悪いことをするな、

 衆善奉行(しゅうぜんぶぎょう)
 :善い行ないをせよ、

 など、今の多忙な時代でも通用するもっともな教えがあります。

 

back