佐伯師範の徒然日記
Number  1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 -15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22
11
 最近、指導していて気になることがあります。それは、同じ注意やアドバイスを何度となく(いわゆる耳タコ)受けても、自分から前向きに直せない少年会員が増えていることです。昔の会員は指導者から一度なり注意やアドバイスを受けたら、ノートなどに記録し、常にイメージトレーニングを加えながら自分自身で検証していたものです。現在は、指導者も多く、環境も恵まれすぎ、教わる側のハングリーさがほとんどなくなってしまったように思います。手取り足取り指導されたままの立場に慣れすぎ、ただ目的もなく稽古に通ってくるだけで、自分自身で自立しようとする集中力が不足してしまったことが要因のひとつです。
 どんな立派な指導者のいる道場へ通っていても、本人自身が、「どのような目標を持って如何に稽古をこなしているか」が重要です。つまり、「本人次第」です。
back