指導方針
佐伯次男 東京都本部副本部長
東京都西地区本部(三多摩) 本部長 兼 指導部長
府中支部長 六段
佐伯次男 <第47回全国空手道選手権大会>
片岡精励賞受賞

「挨拶と礼儀作法。稽古中は気を引き締め気を巡らし精神的・肉体的な緊張感をもつから集中力がついてくる。空手をやっている人は、仕事も勉強も遊びも何事も全力でやるから素晴らしい。中途半端は一番よくない。稽古は厳しく遊びは楽しく。去るもの追わず、来るものこばまず。一緒にやりましょう。」
日本空手協会 A級指導員、A級審判員、B級審査員


川元哲也 東京都西地区本部(三多摩) 副資格部長 兼 広報担当
府中市空手道連盟 広報担当 五段
川元哲也

「思い立ったが吉日」何事もいつから始めても遅過ぎることはありません。五年後十年後に、あの時始めておけば。。という後悔を残さないためには今の瞬間がチャンスです。そういう方々の不安や迷いを取り払い、空手道修業の道を開くこと。それが私の使命です。男女年齢区別なく「思い立ったが吉日」。


小澤博文 東京都西地区本部(三多摩) 監査
府中支部副支部長 五段
小澤博文 「稽古を続ける事で、生涯続けられる武道としての空手に出合います。基本を大切に継続する事で心も身体も成長します。空手を通じて、努力の心、人に対しての思いやりの心、誠の心を育んで欲しいと思います。」

布施木智之 B級指導員、C級審判員、C級審査員、四段
小澤博文 「日本で生まれた数多くの武道やスポーツのなかで、空手の良さは、全身運動であることと、理にかなった動きと知恵を総動員できることだと考えています。左右繰り返し、前後の動き、手足の末端まで使うことで、心身が活性化します。また相手を置いた場合には、体格や性別、年齢の違いを十分に認識できる、その上でどう対応、対処するかです。そのために日々、稽古をするのです。私の信条は、意思あるところ道あり(There is the will,there is the way) です。何かのきっかけで始めた空手かもしれませんが、みんなで一緒に修行しましょう。」
Copyright (C) 2005 JKA-FUCHU. All Rights Reserved.